PM工法とは

work

> PM工法 新規協力者募集 > PM工法とは

安全性と効率性を追求した
【ネティス認定®】の
次世代杭精度管理工法

杭は建物づくりでもっとも重要な役割を担っています。ですが、地中に埋まってしまうため、今までの工法では、水平・垂直に埋まっているか明確な精度管理が困難でした。そんな中、2015年 横浜のマンション沈下問題で杭の重要度が表面化し、それ以来、杭の精度管理が求められています。また、杭の精度管理をするには水平・垂直管理に4人の管理者が必要など、人員・コストが多く必要でした。精度管理の問題を解決するために生まれたのがPM工法です。

PM工法 作業の特徴

  • 1人につき1つの現場で約2か月の作業

    杭工事の基本的な施工期間は約2ヶ月です。その2ヶ月間、同じ現場に1人で行って作業をしてもらいます。ですので、期間中は安定して売上を確保することが出来ます。また、日・祝は、休みを取ることができ、永く続けられることの出来る仕事です。

  • 杭の測量をしながらオペレーターにナビゲートするので力作業もなく女性でもできる

    PM工法は、測量器を使って杭の打設時の精度管理を行います。その方法は、測量器に出てきたデータを杭の運転手さんに伝えナビゲートしていくことですので、重たい資材を担いだりしないので、年配の方や女性の方も多く活躍しています。

  • 現場作業だからこそ安全面を追求しています

    高所など危険な場所には行くことはなく、杭から離れた場所での作業ですので安心して作業ができるなど、PM工法は作業員の身を守るため、危険な作業をすることがないように安全面を追求しています。また、PM工法が受注している現場のほとんどが、スーパーゼネコンさんの現場でので安全面もかなりの力を入れております。

  • 決まったルールと手順が分かる作業マニュアルがあるので経験や感など必要なし

    PM工法では作業員の安全面、作業手順を統一するために現場で一目で分かる現場作業フローチャートを一人一人が持参し作業に取り組むので、今までの経験や勘などは必要なく即現場で活躍することが出来ます。

  • 測量データはクラウドで保存するのでミスがない

    現場で作業した測量データは、すべてクラウドで自動保存してきます。従来であれば現場の測量データを手動で入力していたので人的ミスが発生していましたが、PM工法は測量データを自動でクラウドに保存するので安心です。

  • 現場作業後のデータ作成時間による残業はなし

    従来であれば現場の測量データをCAD化する作業が必要でしたが、新しくITを導入することにより、クラウドで自動保存されるので今まで現場作業が終わってから事務所にてデータ作成するのに30分かかっていた手間が、5分で行え作業時間の短縮になり早く帰宅することも可能となりました。

興味のある方はこちら

ご検討の方は、個別での説明をさせていただきます。所要時間は約2時間程度。まずはしっかりと事業の理念と意義を理解いただくことからスタートします。建設業をしているが受注件数の減少、人材不足などお困りの企業さま、新しい事業展開を考えたい・・・等、ご連絡をお待ちしております

お電話でのお問合せもお受けしております

TEL.06-6863-8912

平日 10:00 – 17:00